So-net無料ブログ作成

ちはやふる 22巻 ネタバレ [ちはやふる あらすじ]

 漫画「ちはやふる」の最新刊22巻のネタバレを書いています[リボン]DVD付きの限定版22巻も同時発売で、すごく楽しみな巻ですね!では、「ちはやふる」22巻のネタバレです、どうぞ↓↓↓



 いよいよ名人位・クイーン位挑戦者決定戦の当日。3試合のうち2勝した方が勝ち上がる三本勝負です。


 着物に慣れておらず落ち着きなく待つ新(あらた)のもとに、対戦相手である原田先生(白波会責任者)がすごい威圧感で現れます。ついに原田先生VS新、猪熊さん(元クイーン)VS逢坂恵夢(明石第一女子)の試合が始まります。


 空札(場にない札)にも身体ごと飛び出し威圧感を与える原田先生が、見事連取します。そんな原田先生に対して、自陣を動かし、速い渡り手で札を取る新。


 自陣を柔軟に動かす新に対し、「定位置は動かさなければ、それだけ取れるようになる」ということを先生として証明する義務があると、気合を見せた原田先生。1勝は原田先生となります。


 一方、もう自分の時代ではない!?と感じてしまった猪熊さんですが、自分で自分を応援しながら辛勝します。


 男女ともベテランの勝ちとなった1試合目。そしてなんと原田先生は、2試合目の棄権を申し出ます。どのみちあと1勝しなければいけないため、原田先生は3試合目に向け体力を回復することを選んだのです。


なにもせず1勝をもらい、怒りを感じる新に、千早(ちはや)は耳打ちします。そしてクイーン位だけでの2試合目が始まった頃、ふらっと外に出ていく新。


 負けたら変われる、もっと強くなれると、より音に貪欲なった猪熊さんが2試合目も勝利し、見事クイーン位挑戦者となります。その試合も見ず、どこかへ行ってしまった千早。


 いよいよ名人位挑戦者をかけた3試合目。原田先生の前に現れたのは、まるで綿谷永世名人(新の祖父)のような新です。


 「私たちにとっては、原田先生はどこまでいっても“先生”なんだよ。新のままじゃ勝てない」と千早は耳打ちしていたのです。


 その頃、公園でどらやきを食べる千早。その横にはなんと名人周防久志が座っています。「今度私と試合してもらえませんか」と言う千早は、すでに3試合目が始まっている時間であることに気づき驚きます。


周防さんの手を引く千早に、「彼女はいないよー」と声を上げる周防さん。「私もいませんよー」と答える千早に対し、頬を染めて嫁…と浮かれる周防名人です。


 ガラリと雰囲気の変わった新は、まるで綿谷永世名人のように何を考えているのか分からないイヤーなかるたをします。祖父に常々言われてきた「イメージ」することが、大舞台での経験を補っているのです。


 それにつられて、原田先生まで10代のような気持ちでかるたをとり始めます。しかし膝の痛みに苦しむ原田先生。そんな原田先生の視界に入ったのが、周防名人です。いつもの小さな声で、「名人戦で戦うなら、原田先生がいい」とつぶやきます。


 膝の痛みからうまく動けずとも、転げながらでも攻める原田先生。迷いなく攻める原田先生は、4連取します。


 太一の横に戻ってきた千早。原田先生がんばって、がんばってと祈ります。みんなが見守るなか、勝負を決める札を取ったのは…!?


 花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

 (桜が咲き散るように誘う山嵐が吹いている庭にいて ふりゆくものと言えば 雪なのではなく 老いていく私の身なのだ)

タグ:22巻
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。