So-net無料ブログ作成
検索選択

ちはやふる 感想 [ちはやふる 百人一首]

 漫画『ちはやふる』に出てくる百人一首について書いています。漫画のストーリーもふんわり出てくるので、興味のある方は読んでみて下さい[かわいい]



 漫画6巻で、一般の大会に出場した瑞沢かるた部。A級で出場した千早は1回戦で負けてしまいます。しかしB級、D級の決勝には、瑞沢の残りの4人が残ります。太一と肉まんくん、かなちゃんと机くんの試合です。D級決勝を見ていると、かなちゃんが『たごのうらに』を机くんに送っています。


 以前千早は、「た」札を送るときどうして「たご」を一番に送るのか、かなちゃんに質問します。それに対しかなちゃんは、大きな物には引力がある気がしてと答えます。そんな会話に出てきた1枚がこちらです↓↓↓



 田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ


<意味>
 田子の浦に出て、はるか遠くを眺めてみると、富士の高い高い峰に、それは真っ白な雪が降り積もっているなあ



 大きな物の引力とは、富士山のことだったんですね!原歌では、不尽の高嶺と出てきます。富士山は尽きることのないイメージの引力。確かに!!と思っちゃいますね(^-^)かなちゃんには、『たごのうらに』は富士山に見えるんですかね[ひらめき]それを敵陣に送るとは、かなちゃん強気です!



 次は、『めぐりあいて』を紹介したいと思います。お楽しみに~[るんるん]

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 1

なみだうさぎ

ちはやふる,スキ(*´∀`*)なんですね~
あたしも,すっごい,ダイスキ♡です

また,更新してください!まってます.
by なみだうさぎ (2013-07-18 15:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。