So-net無料ブログ作成

ちはやふる 20巻 [ちはやふる 百人一首]

 『ちはやふる』の最新刊20巻おもしろかったですね[るんるん]太一と千早の試合の決着がつきますし、それを見ていた新の気持ちの変化!!20巻の内容がきになるという方は、あらすじを書いていますので、ぜひ読んでみて下さい(^u^)
 ここでは、漫画に出てくる百人一首について書いています。ストーリーもふんわり出てくるので、興味のある方は読んでみて下さい[かわいい]↓↓↓



 漫画2巻で、弓道部の練習をさぼって百人一首を詠むかなちゃん。和服を着たいがために、弓道部に入ったかなちゃんですが、袴でランニングすることをはしたなく思い、どうしてもやりたくありません。そして上品で華やかな綾瀬千早さんが、百人一首をたしなむ相手を募集している!とかるた部を見に行くのです。


 しかし実際見てみると、札が勢いよく飛ばされています。しかも試合で袴を着ることはないといいます。それなら弓道部の方がいいと去っていくかなちゃんです。結局は千早によって入部を決めるわけですが。そんなかなちゃんが、部活をさぼって詠んでいた唄がこちらです↓↓↓


 春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山


<意味>
もう春が過ぎて、夏が来たようだ。夏になると白い衣服を乾すと聞いている天の香具山に、白い衣服が干してある



 身近に感じられる光景ではありませんが、なんとなく想像できますね。青々とした緑と、空の青と、強い日差しの黄色と、そして干されている衣の白が浮かんできます(^u^o)恋の歌をいいなと思うことは多いですが、この歌もなんだかいい雰囲気でいいですね♪  次は、『ながらへば』を紹介したいと思います。お楽しみに~[るんるん]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。