So-net無料ブログ作成

ちはやふる 15巻 コミック [ちはやふる あらすじ]

 コミック『ちはやふる』15巻の紹介をしています。表紙の絵が毎回色鮮やかでキレイです♪ちなみに15巻の表紙は太一!そして裏表紙の千早がかわいい!必見です。



 全国大会団体決勝戦。怪我をした?千早ですが、大丈夫な様子で試合を続けます。しかし千早を怪我させたかも?とどうようする理音(富士崎2年)です。千早は本当に怪我をしたのでしょうか…??


 懸命に闘う千早を見て、太一(たいち)、肉まんくん、机くん、筑波くんは、気合を入れなおします。全組劣勢ですが、瑞沢はどうなるのでしょうか。


 強豪富士崎を相手についに机くん、筑波くんが負けてしまいます。富士崎が優勝に王手となり、瑞沢は大ピンチです。目標は全国大会団体優勝!千早、太一、肉まんくんは、勝つことができるのでしょうか?


 試合が終わり、新に会った千早。千早が泣きながら新に言った言葉とは…??


 理音(富士崎2年)との試合で指を痛めた?千早(ちはや)ですが、大丈夫な様子を見せます。が、本当は激痛が…。瑞沢は誰1人波にのれません。その上徐々に痛みの増す千早ですが、こらえて試合を続けます。そんな千早の様子に気づいた理音は、やはりケガをさせた?と動揺して手が伸びません。それをチャンスに、千早は会心の取りをします。


 それまでつまらなそうに試合を見ていたクイーン(若宮詩暢)ですが、千早の取りを見て、試合を見始めます。また瑞沢の男4人も、千早を見て気合を入れなおします。


 一方、理音のふがいない試合に本気を見せたのは、机くんの相手である山井真琴(富士崎3年のA級選手)です。机くんに勝った真琴は、理音に檄を飛ばします。それによって再び集中する理音。純粋な音と反応の勝負となります。自分を戦う相手だと思う人はいないとあきらめていたクイーンですが、試合を見て嬉しくなります。


 そしてついに筑波(つくば)くんも負けてしまいます。後のなくなった瑞沢ですが、ここで太一(たいち)が言います。「3勝するぞ、みんな」と。2敗したチームが一気に全敗してしまうことは珍しくない中、普段は不言実行の太一が、この状況で勝つと言ったのです。そして徐々に差を縮めていた太一が、ついに追いつきます。


 千早は痛みをこらえ、耳と中指にのみ集中し、ついに理音に勝ちます。礼をしたまま疲れて寝てしまった千早によって、「瑞沢1勝」の声は響きません。


 そしてついに太一と肉まんは運命戦(お互い持ち札が1枚になって、どちらの札が先に読まれるかという運命にゆだねられた状態)まで持ち込みます。東京都予選の教訓から、ちゃんと札合わせができている2人、しかし運命戦で太一は自陣が読まれたことがありません。だからこそ攻める2人。そして読まれたのは瑞沢の方でした。宣言した通り、瑞沢は3勝して優勝したのです。


 広間から出たところにいたのは新(あらた)。千早は、「日本一だよ。みんなとだからだよ。チームに興味ないなんて言わないで」と泣いてしまいます。そして新は、小学生の頃一緒にチームになったことを思い出しながらうなずきます。



 今試合は、太一がめちゃくちゃかっこよかったです。自ら富士崎の主将との対戦を選び、全敗もあり得る中、3勝すると有言実行。太一が少しずつ変わってきていますね♪
 また仲間がいることの大事さを思い出す新。これからチームを作るのでしょうか!?

 由良のとを わたる舟人 かぢをたえ ゆくへも知らぬ 恋の道かな  (由良の海峡をこいで渡る船人がかじを失って漂うように 行方のわからない恋の道だなあ)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。