So-net無料ブログ作成
検索選択

ちはやふる 14巻 最新刊 [ちはやふる あらすじ]

 漫画『ちはやふる』14巻のあらすじと感想を書いています。アニメちはやふる2よりすこし進んだところですね。ん~、最新刊20巻の発売が楽しみです!




 全国大会団体戦。千早(ちはや)、太一(たいち)のいる瑞沢高校が、今準決勝をしていると聞いて、2人の頑張りを感じる新(あらた)です。


 準決勝、クイーン挑戦者西日本代表である逢坂恵夢(おうさかめぐむ)と戦う千早。前に見た時よりも格段に速くなっている恵夢相手に、千早は得意札の『ちは』を取られてしまいます。


 2勝2敗で迎えた、運命戦。決勝に進出するのはどちらの高校なのでしょうか!?


 不正をして反省文を書く新(あらた)たちのところへ、渋滞で遅れていた藤岡西のメンバーがやってきます。そこで今京都代表が瑞沢に負けたと聞いた新は、千早(ちはや)と太一(たいち)が頑張っているのを感じます。その様子を見たクイーン(若宮詩暢)は、ここで手合せしないかと新に言います。しかし新は、今日は団体戦の日やと断ります。


 一方団体戦決勝トーナメントでは、瑞沢と明石第一女子が接戦を繰り広げています。しかしここで、肉まんくんが負けてしまいます。しかしすかさずかなちゃんが勝ち、1勝1敗となります。


 逢坂恵夢(クイーン挑戦者西日本代表)の得意札を2枚とった千早ですが、逆に得意札の『ちは』を取られてしまいます。そして太一が勝ちますが、千早は惜しくも負けてしまいます。2勝2敗で勝負を決める最後の1人になったのは、机くん。運命戦(お互い持ち札が1枚になって、どちらの札が先に読まれるかという運命にゆだねられた状態)になり、最後敵陣を抜いた机くんが、見事勝利します。


 北央の負けに怒る須藤さん(北央OB)ですが、北央なら勝って終われと北央メンバーに檄を飛ばします。瑞沢が決勝で戦う富士崎は、例年決勝で必ず1人外して下級生を入れてきます。そして今年入った2年生は、山城理音(やましろりおん)。3年生の団体戦への思いも全て、勝利のために利用するという富士崎顧問の桜沢(さくらざわ)先生です。


 恵夢に負けた悔しさからこぶしを握りこむ千早に気づいた太一は、その手を開きます。すると爪の跡がくっきり残っています。太一は千早に何も言いませんが、自然と力を抜け!と思う千早です。決勝戦も2年生5人で出ようとしますが、かなちゃんが先の試合で突き指をしてしまいます。そして代わりに出ることになった筑波(つくば)くんです。


 その頃ヒョロくんは、千早と太一が日本一をかけて戦うことを新に伝えに行きます。それを聞いて思わずドアに手が伸びる新ですが、ルールを破って罰も受けないではダメだと留まります。


 そして始まる決勝戦。読手は、専任読手の山城今日子(やましろきょうこ)という超一流です。序歌が詠まれ始めると、それまでの読手とは全く違う響きです。そして1札目が詠まれて千早は驚きます。決まり字までいかないうちに取る対戦相手の理音。なんと理音は、決勝の読手の山城今日子の孫だったのです。レベルの違いに瑞沢は圧倒されてしまいます。しかし千早は、理音が山城専任読手の読みの色を聴いていると感じます。そして音と色とがつながる歌を速く取ることで、流れを引き寄せようとします。そして囲み手破りをしにいっ千早は、無理に押さえにいった理音と手がぶつかり、手に激痛が走ります。



 手を痛めた?千早、どうなってしまうのでしょうか!?優勝をかけた決勝戦、瑞沢に勝ってほしいですね。また悔しくて手を握りこんでしまう千早にすぐに気づいた太一、なんだか素敵ですね♪

 ありま山 ゐなの笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする  (有馬山から猪名に風が吹くと 笹がそよそよとそよぐ そうよ どうしてあなたのことを 私が忘れたりするでしょう)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。